コートをクリーニングに出す頻度ってどのくらい?

画像

コートは一年中着用するものではありません。そのため着用シーズンが終了すると次のシーズンが訪れるまで、必ず保管されることになります。保管前にはコートをクリーニングに出し、汚れを落とすことがお勧めです。しかし中には一度しか着用しなかったものや、目立った汚れがついていないコートなどはクリーニングに出さなくても問題ないと考えることがあるかもしれません。実のところ、そのようなコートもクリーニングに出すことで長持ちさせることができるのです。その理由は「見えない汚れ」にあります。

 

多くの場合、コートには細かなホコリや汗が付着しています。また一度でも雨で濡れてしまった場合、それに含まれる汚れがコートに染み込むことになります。そのようなものを長期間放っておくと、嫌な臭いがコートに染みついてしまうことがあります。また汗の成分などはコートに変色を生じさせることもあるために、色あせの原因ともなりえます。また汗染みカビを発生させることもあるために、衛生的にもよくありません。そのためシーズンが終了し、長期保管に入る前には、コートをクリーニングに出すことがお勧めです。

 

また長期保管に入る前だけではなく、シーズン中もコートをクリーニングに出すことがお勧めの状況もあります。冬場などに着用するコートを何着も持っている人はあまりいません。むしろお気に入りのコートを毎日着用するという人の方が多いはずです。特に働いておられる人は通勤のときにのみコートを着用し、オフィスや自宅に到着したらコートを脱ぐというのが一般的です。このような状況ではコートがほぼ休みなく、毎日使用されることになります。またたくさんの人が乗り込む電車で通勤するような場合、ホコリや汚れがコートに付着しやすくなります。加えて電車の中は乗客の数によって気温が上がることもあり、冬場であっても汗をかくこともあるのです。そのため毎日着用されているコートというのは、非常に汚れやすい状況にあるのです。

 

このような場合、できるならば一か月に一度のペースでコートをクリーニングに出すことがお勧めです。先にも述べたように、コートに付着した汚れは目立たないものも多く、そのため染み込んだ汚れを長期間放置した状態となることが多々あるのです。このようなコートは次第にやな臭いを放つようになり、色あせも生じてきます。こうなってからでは手遅れですので、頻繁に着用するものは定期的にクリーニングに出すべきです。

 

またコートをクリーニングに出すときの注意点としては、脱着式のフードなどは必ず取り付けた状態でクリーニング店に持って行くようにします。当然のことながらフードにも汚れがついています。そのためフードを自宅に残し、コートだけをクリーニング店に持って行くなら、後々フードのみが変色することになり、コートとの間に大きなコントラストが生じてしまうからです。とりわけ素材がコットンやウールのものは変色しやすいために、必ずフードを取り付けたままクリーニングに出すようにすべきです。

 

しかし定期的にコートをクリーニングに出すことは、決して容易ではありません。まずクリーニング店に持って行ってから仕上がりまでに、最低でも2、3日かかります。その間このコートを着用できませんし、出来上がったものを取りに行くのも楽ではありません。また当然のことながら、クリーニングには費用が必要となります。もちろん素材や大きさにも左右されますが、クリーニングにかかる費用はグ1,000円から3,000円とされています。この金額は決して安いものではないでしょう。そのため高級なコートの場合は定期的なクリーニングがベストですが、クリーニング代がもったいないという人はシーズンオフになる前にコートをクリーニングに出すというスタンスでも構いません。

 

頻繁に着用するコートを月に一度クリーニングに出すべきか、それともシーズンオフ前にクリーニングするだけにとどめるかの基準はいくつかあります。まず先にも述べたように、高級なコートは定期的にクリーニングに出すべきです。そのようなものには高級な天然素材が使用されているのが一般的で、カビや虫がつきやすいからです。また色が濃いコートや薄いコートは汗やホコリによる変色が目立つことがあり、そのようなものもできることなら定期的なクリーニングが勧められています。

 

その一方で上記で述べたものに該当しないコートは、シーズン終了後にクリーニングに出しても大きな問題とはならないことも多々あります。しかし何かをこぼしてしまってシミができたというケースや、目立つ汚れが付着している場合は、すぐにクリーニング店へ持って行くべきです。そのようなものを放置しておくと汚れが落ちなくなることがあるからです。特に自宅で洗うことのできない洗濯表示のあるものは応急処置も難しいことがあるために、急いでクリーニング店へ持って行くようにします。