コートクリーニングを出すときに気を付ける3つのポイント

画像

1.「コート」といっても、その種類や材質などには様々なものがある

一口に「コート」というものがあっても、それには実に様々なものがあります。

 

種類や型、材質など、それらの違いなどにも本当に多種多様なものがありますので、クリーニングへ出す前などはもちろんの事、コートを普段着用したりする、あるいは収納したりする時などにおいても、それらの事を留意をしておく必要性があります。

 

そしてそれらの事自体が、実は、クリーニングに出すか出さないかにおいての判断をしたりする際での、大きなポイントになります。例えばナイロン製の材質の割合が大きなものの場合、耐久性などの面において、洗濯機などに向かないものが多いのが通常です。そのようなものの場合は保護上、基本的に手洗いでのやり方が洗濯面での適応になっていますので、クリーニングなどにも出さない方がべストといえます。このような感じで、そのコート本体が洗濯及びクリーニングによる洗浄に合うか否かについて、判断をしていく事がとても大切です。もちろん、木綿などで出来ているものなどはクリーニングに出しても問題はありません。

 

 

 

2.コートの材質毎により、クリーニング方法を変える重要性

 

 

 

また、何らかの都合上、中々自分で洗濯をしたりするような時間が確保する事が困難であるといった方の場合には、コート自体の材質毎により、そのコートにふさわしいクリーニング方法を探していく必要性があります。そして、先程も話したような手洗いなどを基本にしているコートなどの場合には、その状態に近い洗濯方法でしてくれるクリーニング店やコインランドリー・サービスなどを探したりしていかなくてはなりません。また、合成加工樹脂での材質のものなどの場合には、有機溶剤などの洗剤類と化学反応を起こしたりしてしまうようなものなども存在したりしています。このため、コートの内側の布地部分に材質表示などをしたりしていない衣類などの場合には、注意が必要です。基本的にコインランドリーなどの場合には水洗いですので、それに用いる洗剤なども、そこの機械での回転数や洗浄時においての回転具合の強さなどに合わせながら、選んでいく判断のやり方が必須といえます。それでも現状としては、ほとんどの方がコート本体の材質や洗剤の含有成分、機械の知識などに関しては素人であることが一般的といえますので、やはりなるだけクリーニング店の方に訊いたりする事がベストといえます。

 

 

 

3.クリーニングそのものに向かないコートもある

 

 

 

そしてさらに、コート類の中には、クリーニングそのものに向かないようなものなども、実際には存在したりしています。このため、先程話したように、コートの材質について知っておく事はとても大切です。実際にクリーニングに向かないコートの見分け方に関しての話としては、レーヨンや色物のコートなどは光に弱いので、それとともにドライクリーニング処理などをしたりすると、溶けたり変色をしたりしてしまうといった性質があります。このため、光に当てないようにといった注意書きなどがしてあるようなものの場合には、クリーニングへ出したりするのは避けるようなした方が無難といえます。また、これはコート以外の衣類などでも同じといえますが、いかなる条件などでもドライの表示がなされたりしているようなものなどの場合には要注意といえます。そのような表示をしたりして、購入後においての何らかの責任逃れを、その衣類の製造メーカーや販売元などが一方的にやっているような場合もありますので、このようなケースも油断大敵です。まともな製造・販売それぞれのメーカーのものなどの場合には、必ず洗濯条件に関しての表示をしたりしていますので、この事を忘れたりはしてはなりません。

 

 

 

まとめ

 

以上のように、コートクリーニングを出す際での気を付ける理由について述べてみましたが、要は洗濯が可能であるのか否かに関しての、情報の有無がきちんと存在しているのかが、ここでの大きな課題といえます。とくに全ての機械上の操作で行うコインランドリーでのクリーニングという手段の場合には、悪質なランドリー業者などの場合には、機械本体に関しての情報の詳細を明らかにしたがらないような場合もありますので、油断が出来ません。また、ポリエステル製のコート類とかの場合には、近年においてのハイテク技術によりそれまでのポリエステルのものとは材質が大きく変わっていますので、ほとんどシルクなどの繊維と同じであり、とてもクリーニングでは扱いにくい仕様になっています。さらに、ヘアカラースプレーや口紅などの着色料などが、現在のポリエステルにおいては落ちにくくなっているような現状もあるうえに、シルクと同じ繊維の細やかさゆえにアイロン掛けなどの際には熱の伝導が過敏な面もあり、熱加減がとてもデリケートな面などもあります。本当に現在のコートクリーニングにおいては、ハイテク技術の向上とともに様々な面で、注意が必要である現状があります。